はずしたくない!投資物件の選び方

なんといっても駅からの所要時間

投資物件を探しているときの選び方として重要となることが「空室になりにくいこと」です。空室になりにくいというのはどういうことかを考えていくと投資物件の選び方も見えてきます。
例えば自分が賃貸住宅を探しているとき、どんな条件を重視するでしょうか。大体の方が「駅から徒歩〇分」というところを気にします。投資物件の選び方としては徒歩10分圏内が一つの目安となります。もちろん近ければ近いほうがいいですが、なかなかそういった物件は見つけることが難しいですね。
また、複数の沿線があることや急行が止まる駅であること、始発駅であることなども選ぶ基準としてはプラスとなる項目です。駅から近ければ多少日当たりがよくなくても、多少部屋が狭くても空室になりにくい物件といえます。

周辺の環境や設備もチェック

駅から近いという点以外にも、周辺環境や集合住宅の場合は設備がどうなっているかもチェックしておきましょう。
周辺環境はファミリー向けなのか単身向けなのかということで違ってきます。ファミリー向けの場合、公園や学校の近くなどが人気となります。一方で単身向けの場合はコンビニや夜遅くまでやっているスーパーなどがあるといいでしょう。しかし単身向けの場合は周辺環境よりも駅に近いことが重視される傾向があるようです。
また設備として重要視されるのがオートロックなどのセキュリティー面です。ほかにも防犯カメラの設置状況やカメラ付インターホンなどがあるとポイントが高い物件といえます。
選ぶ際には様々な項目がありますが、すべての条件をクリアする物件となるとなかなか難しいですので優先順位を決めておくことが重要です。